初めてのメンズエステを徹底ガイド!初心者でも安心な遊び方やメニューを徹底解説!

最近、夜遊びの代名詞と言われるほど人気の『メンズエステ』ですが、初心者にとっては「エステって何?」という方も多いでしょう。

また、お店自体の数も非常に多く、どんなサービスが受けれるのか、どんなメニューがあるのかなど、不安な方も多いはずです。

よく分からずに遊びに行ってしまうと、求めているサービスが受けられずに、悶々とした気持ちでお店を去らなくてはならないことにも。

  • エステってお店が多くてよく分からない!
  • メニューも専門用語が多くて理解できない!
  • どうやって遊ぶの?
  • ヌキはあるの?

今回の記事では一般的なメンズエステで受けられるサービスや、メニューなどについて、初心者の方でも安心して楽しめるよう徹底的に解説していきます。

初めてのメンズエステ(メンエス、一般(日本人)エステ)を徹底ガイド!

近年、夜遊びの代名詞として人気な『メンズエステ(メンエス)』は、「エステ」を冠する夜遊びジャンルの中でも特に、『セラピストが日本人で、非風俗(ヌキなし)』のエステを指します。

『メンズエステ』を利用するお客さんとして多いのは、「風俗に飽きてしまった」という“脱風俗愛好家”が多いという傾向も強くみられ、初心者にとっては「遊びづらい」、「難しそう」というイメージを定着させた原因とも言われています。

またメンエス店は、大手チェーン店といったテナントタイプから、マンションの個室で経営されているワンルームタイプまで、幅ひろい形態が存在します。

風俗・非風俗でサービスが異なる点や、店舗の業態なども様々である点が、初心者にとっては「よく分からない」という点に、拍車をかけていると言えます。

メンズエステ店の種類について

一口に「メンズエステ」や「メンエス」といっても、風俗系なのか非風俗なのかによっても、価格やサービスが大きく異なります。

そこで簡単に、「エステ」と名のつく夜遊びを、一覧としてまとめてみました。

様々なエステ(価格相場は関東近郊/地方により変動あり)

業態

一般呼称

店舗形態

金額(相場)

女の子

目的・サービスなど

風俗エステ

・アジアン風俗エステ

・アジアン回春エステ

受付型・出張型

60分:9,000円~

【風俗嬢】

・アジア人

・リラクゼーション

・精力増強

・ヌードオプションなど

・ヌキあり

・風俗エステ

・回春エステ

店舗型

80分:20,000

【風俗嬢】

・日本人

・リラクゼーション

・精力増強

・ヌードオプションなど

・ヌキあり

受付型・出張型

80分:15,000円~

非風俗エステ

・アジアンエステ

・チャイエス

店舗型

60分:6,000円~

【セラピスト】

・アジア人

・リラクゼーション

・マッサージ

・ヌキなし

・一般(日本人)エステ

・メンズエステ

・メンエス

・密着店など

店舗型

90分:15,000円~

【セラピスト】

・日本人

・リラクゼーション

・マッサージ

・衣装オプションなど

・紙パンツ必須

・ヌキなし

ワンルーム型(マンションタイプ)

90分:18,000円~

出張型

90分:20,000円~

こちらの表からも分かる通り、「メンズエステ」や「メンエス」と呼ばれていても、様々な業態や呼び方がありますが、近年人気を集めいている『メンズエステ』とは、「非風俗の一般(日本人)エステ」を指しています。そして、風俗エステと非風俗エステの大きな違いは、基本的に性的サービスである「ヌキの有無」です。

【ポイント】

  • 「エステ」と呼ばれる業態は、大きく分けると、風俗エステと非風俗エステがある
  • 近年人気の『メンズエステ(メンエス)』とは、一般的に、「非風俗の一般(日本人)エステ」を指す
  • 風俗エステは性的なサービスあり
  • 非風俗エステは性的サービスなし

非風俗メンズエステの店舗による違いについて

次は、メンズエステのサービス度の違いについて、店舗タイプ別に3つご説明します。

非風俗なので基本的に性的なサービスはありませんが、メンズエステ店は「密着店」と呼ばれることもあり、セラピストさんとの「肌と肌の触れ合い」が楽しめます。

店舗のタイプによっては、“こっそりとイケないサービス”が行われていることもあり、このようなギャンブル性が人気を集めているともいえます。

1. 【店舗型(テナントタイプ)】: 期待度=★★☆☆☆

ビルなどに、テナントの一部として入店している「メンズエステ」です。一般的には大手法人がチェーン店として経営。

ビル前にはお店の看板があることも多く、比較的料金設定が安価という点からも、初心者にはハードルが低いタイプでしょう。

一方で、お店側がセラピストさんとお客さんをしっかりと把握しているため、ムフフな事故は少な目です。

2. 【ワンルーム型(マンションタイプ)】: 期待度=★★★★☆

マンションの一室などで、“ひっそり”と営業している「メンズエステ」です。個人経営なども多く、風俗と非風俗の間という「グレーな存在」

そのため、セラピストさんと密室で二人きりという状況が、「何かが起きるんじゃないか?」というワクワク感を与えてくれます。

セラピストさんも密室で二人きりという状況を理解しているため、無理のない範囲でサービスをしてくれます

3. 【派遣型タイプ(ビジネスホテルなど)】: 期待度=★★★☆☆

基本的にはデリヘル等と同じ仕組みの「メンズエステ」だと思ってください。大手メンズエステのチェーンなどが実施していることも。

メンズエステなので、基本的には性的サービスはありませんが、「ホテルで二人きり」ということから、色々と妄想してしまいます。

出張の時など、ホテルでちょっとしたリラックスをしたい時に、人気のタイプですが、意外と期待度は低めです。

初心者でも安心なメンズエステ(メンエス)の遊び方やメニューを徹底解説!

近年人気の『メンズエステ』について解説をしてきましたが、ここからは、どのようメニューがあり、どんな人におすすめなのかなど、メンズエステの遊び方について紹介していきます。

メンズエステのメニューは?より楽しめるおすすめのオプションなど

メンズエステのメニューはそれほど難しくはないので安心してください。

まず、お店のコースから、「ディープリンパ」や「リンパドレナージュ」など、「リンパ」という記載があるコースを選択しましょう。

こちらの「リンパ」とは、両足の付け根部分に存在する「鼠径部(そけいぶ)のリンパ」を指しており、体内に溜まった老廃物を流すパイプの役割を果たしています。

セラピストさんの施術によって鼠径部のリンパを流してもらうことで、体内の老廃物が排泄されるようになります。

また、鼠径部周辺には性感帯や会陰と呼ばれるツボがあり、施術による刺激が伝わるため、血流が良くなり勃起します。

このリンパの刺激を受け、勃起した下半身を見られてしまうという羞恥心を楽しみます。

セラピストさんの施術着もピタッとした服装や下着姿などエッチな場合が多いので、興奮すること間違いなしです。

多くのお店は、鼠径部の施術時間は全体の約30~40%程ですが、長い時間リンパの施術を楽しみたい場合は、「オールリンパ」のコースがあるお店を選ぶか、「オプション」で「リンパ10分延長(1,000円~)」などを追加するのがおすすめです。

その他、おススメのオプション(レアなオプション含む)
● 衣装チェンジ:施術着がエッチになります(ベビードール、マイクロビキニ、ノーブラなど)/相場:2,000円~4,000円
● パウダー:フェザータッチなどオイルとは違う刺激を味わえます/相場:1,000円~
● バブル:ローションとソープによる濃密な泡で鼠径部をマッサージ/相場:1,000円~
● 洗体:施術後にシャワールームなどで体を洗ってもらえます/相場:2,000円~
● 睾丸マッサージ:ジャップカサイと呼ばれる施術を受けられます/相場:4,000円~
● 紙パンツなし:施術後半10分程度紙パンツ無の状態を楽しめます/相場:4,000円~
※お店によってオプションの種類、値段は変わります。
※上記オプションを準備しているお店でも、HP上の表記はありません。
※詳細は、お店またはセラピストさんにご確認ください。

メンズエステにハマる人はどんな人?どのような人におすすめか?

まず、メンズエステにハマるお客さんとして、どのような人が多いのかについて、少し具体的に説明をします。

今こちらをご覧の方の中で、「あ、自分のことだ!」と、一部でもマッチしている部分があれば、メンズエステにハマること間違いなしです!

1.元風俗愛好家

『メンズエステ』の利用客として一番多いとされるのが「風俗慣れして、風俗に飽きてしまった人達」です。

このような愛好家の方たちが口を揃えて言うのは、「嬢から事務的に性処理をされるので、風俗だとドキドキしないし、飽きちゃった」という事。

一方、非風俗であるメンズエステの、どのような点に魅力を感じるのかについて尋ねてみると、「基本的にヌキが無いのは分かっているけど、何か起きちゃうんじゃないか?というワクワク感が楽しい」とのことです。

確かに、非風俗と言われるメンズエステですが、セラピストさんの熱心な施術による事故などで「発射」してしまうことも。

2.自分が感じている姿を見て興奮する人

メンズエステにハマってしまう利用客として、次いで多いのが「ドMな人」です。

しかも、ただのドMではありません。

自分が恥ずかしい姿でマッサージを受け、悶絶している姿をみられることに興奮を覚えてしまうフェチ気質のある方です。

多くのメンズエステ店では、「ドMなお客様」のニーズを満たすべく、壁には鏡が設置されています。

鏡に映った、紙パンツ一枚の恥ずかしい自分の姿に興奮を覚える人や、自分の痴態を綺麗なセラピストさんに攻められている姿に興奮してしまう人は、メンズエステにハマります。

3.露出が好きな方

公然わいせつは犯罪ですが、メンズエステ店では、多少のポロリは許されます。

それもそのハズで、施術中に男性がはく『紙パンツ』は、男性のシンボルがくっきりと浮き出る「ピッチリ」としたタイプや、「横スカ」と呼ばれる「横から丸見え」のタイプなどがあるからです。

中にはアロマオイルが染み込むことで透けてしまい、ペ〇スがセラピストさんから丸見えになってしまうタイプもありと、自分のシンボルを女性に見せることで興奮する方にもおすすめです。

ただし、「紙パンツをはかない」などは絶対にやめましょう!お店のルールでも、紙パンツをはくのはルールとなっています!

4. AVより着エロやイメージビデオが好きな方

女性特有のしなやかな肉体美を眺めたい方にも、メンズエステはおススメです。

メンズエステ店のセラピストさんは容姿が綺麗で、なおかつスタイルが抜群です。そんなセラピストさんが、体のラインが浮き出るほどのピチピチの施術着を着て、パンツも丸見えになってしまうような「ミニスカート」で施術をしてくれるのです。

このように、綺麗な女性の裸よりも、女性特有の肉体美やスタイル、エッチな衣装を眺めるだけで満足できる方には、メンズエステは眼福のひと時を過ごせます。

利用客の方も、「AVより着エロ派」が多いというのも、うなずける点です。

メンズエステの遊び方は?施術の流れやルールなど

メンズエステでの遊び方について、予約の仕方と施術の流れについて解説します。

お店の予約方法と行き方

店舗型のお店であれば、看板などもあるため難しくはありません。また、派遣型についてもデリヘルと同じ要領で予約ができるので問題は無いでしょう。

一番難しい(緊張する)のは、ワンルームタイプ(マンション型)の予約ではないでしょうか?

メンズエステ好きからも一番人気の高い「ワンルームタイプ」のメンズエステは、ホームページにもお店の所在が書かれていません。

これらも初心者が不安に思う一因ですが、基本的には、以下の流れで予約すれば、お店にたどり着けます。

1. まずは、近くのお店を検索します。(「メンズエステ 地域名」などで検索が可能)
2. 場所や予算と相談し、行きたいお店を探す
3. お店のHPや公式Twitterから、会いたいセラピストを探す
4. お店のHPで公開されている電話や、Web予約、LINE予約などを使って「予約時間とコース(●分など)、セラピストさん」を予約。(入りたいセラピストがいない場合は、「フリー」でも)
5. 予約時間5分前等にお店へ電話し、スタッフさんからマンションまで誘導してもらう(お店により少し異なる場合も)

施術の流れや楽しみ方、ルールなど

お店に着いてからは、基本的にセラピストさんの指示に従いましょう。

とはいえ、どういった流れで、「何をしてくれるのか」、気になるのも確かです。ここでは一般的な施術の流れについてご説明します。

1. セラピストさんからお店のメニューや禁止事項について説明を受ける(お店によってはカルテ記入や誓約書へのサイン)
2. お会計を済ませて、念入りにシャワーを浴びる
3. 紙パンツを必ずはき、施術ルームへ
4. あとは、セラピストさんに身を任せ、うつ伏せ状態から背中や足などの指圧を受ける
5. オイルで背中や足などの施術を受ける (この時に、「カエル足」や「四つん這い(4TB)」といった恥ずかしい恰好でマッサージも受けられます)
6. 仰向けの施術を受ける(この時に「鼠径部 (そけいぶ/SKB)」などのキモチいいポイントのマッサージを受けられます)
7. (セラピストさんによっては“特別なサービス”も・・・)
8. シャワーを済ませて、退店

上記が一般的なメンズエステでの施術の流れです。この施術中に、起きるドキドキや、セラピストさんからの思わぬ「事故」を最大限楽しむのがメンズエステの醍醐味ですが、たくさんのサービスを受けるためには、最低限守らなくてはならないルールがあります。

それは、「セラピストさんの嫌がることを絶対にしないこと」です。

お店自体のルールにも記載されているとおり、「紙パンツをはかない」などはNGです。また、ムラムラしたからといって「性的サービスの強要」をしたり、「セラピストさんに触れる」などをしたりするのは、絶対にやめましょう。

セラピストさんから「嫌なお客さんだ」と思われた瞬間に、せっかくの時間が台無しになってしまいます。

メンズエステでヌキはあるのか?

基本的に非風俗なので、性的なサービスはありませんが、「ヌキがある場合もある」というのが、メンズエステです。
公にはなっていませんが、鼠径部などのキワドイ部分の施術を行ってくれるため、「意図しない射精(=事故)」が起きてしまうことも。また、「事故として処理してもらえる範囲」の、精いっぱいの施術をしてくれるセラピストさんもいるのが事実です。このようなラッキーを味わうには、セラピストさんの嫌がることをせず、全身をセラピストさんに預けてしまうのが良いでしょう。

初めてのメンズエステを徹底ガイド!初心者でも安心な遊び方とメニューを徹底解説!のまとめ

今回の記事では、以下について解説いたしました。少しでも興味を持っていただき、「メンズエステに行ってみよう」と思ってくださる方が増えると嬉しいです!

▼まとめ
● 人気の『メンズエステ』とは、「非風俗の一般(日本人)エステ」を指す
● 店舗型、ワンルーム型、派遣型などの業態がある
● メンズエステのメニュー簡単。オプションは様々。
● メンズエステにハマる人は、「脱風俗愛好家」や「ドM」な人など
● 「メンズエステ+地域名」などで確認し、求めるサービスの業態を選ぶ(おすすめはワンルーム)
● HPやTwitterを確認し、お気に入りのセラピストさんを予約する
● お店のルール、セラピストさんのいう事を守り、最大限のサービスを受ける
● ヌキのサービスは「ある場合もある」

また、「遊んでみたいけど、自分に合ったメンズエステ店が分からない」という方がいらっしゃれば気軽にメンズエステラボにご相談ください。

「どのような女の子が好みか」
「どういうサービスを求めているか」
「どういう雰囲気が好きか」など詳細をヒアリングした上で、あなたにぴったりのお店を紹介します。

是非あなたにぴったりなお店を見つけて、楽しんでもらえたら幸いです!